長袖ポロシャツを作業服にするときの選び方と買い方のコツ

作業服として長袖ポロシャツが良さそうだと思ったときに、店頭で見てみると色々なものがあってどれが良いかで悩んでしまうこともあるでしょう。

適当に選んでしまって後悔しないように、作業服として使用するときの選び方のコツを紹介します。買うときにお得にするためのポイントも説明するので長袖ポロシャツ選びの参考にして下さい。

作業服と扇風機が合体した「空調服」って知ってる?そんな空調服で暑い夏を乗り切ろう

作業内容を確認しよう

長袖ポロシャツを作業服として使用するときには、実際にどのような作業をするのかをよく考えて選ぶのが大切です。

現場で仕事をする上で十分な機能性を持っていることが求められるからです。工場や工事現場など色々な作業現場があり、それぞれにおいて作業員が置かれている環境、作業内容の危険性、作業をするために必要な条件が異なっています。

それに応じて適切な長袖ポロシャツを選ぶようにしましょう。

長袖ポロシャツの一般的な機能

作業内容に合わせるためには長袖ポロシャツに一般的にどのような機能があるのかを確認しておくのが重要です。長袖ポロシャツは綿やポリエステルなどを使用した素材の製品がほとんどで、ポリエステルなどの樹脂系の素材の種類や綿との配合バランスによって大きく生地の性質が異なります。

作業服向けに作られているものはストレッチ性が高く仕上げられていて、汗を吸いやすいように吸水速乾の加工をしてあるものが多くなっています。また、水を使う現場での作業を考慮して撥水加工をしてあるポロシャツや、土ぼこりや泥汚れが付きにくいような防汚性を備えたポロシャツなども典型的です。

この他にも長袖では半袖に比べると少ないですが、冷感加工をしてあるポロシャツもあります。一方、長袖ポロシャツは袖口にもいくつかのパターンがあります。袖口が少し狭くなっていてゴムできっちりと締まるようになっているタイプと、ゴムを入れていないか弱いゴムになっていて袖口を上げ下げしやすくなっているタイプが主流です。

前者の方が袖で腕を守る、あるいは寒さをしのぐ、袖口が邪魔にならないといった点では優れています。しかし、袖口が自由に動いた方が袖を上げて水仕事をしやすく、寒暖の差がある現場では状況に応じて袖を上げ下げできるでしょう。

このように現場によってどちらが便利かは違うので注意が必要です。また、多くのポロシャツに共通しているのが洗濯に強いことです。繰り返し選択しても傷まない生地や表面加工になっているのが一般的です。ただ、特に気を付けなければならないのが表面加工で、種類によっては洗濯回数が多くなってくると加工による機能が失われていきます。

説明書きなどに注意として記載されていることが多いので、表面加工による機能性が付与されている長袖ポロシャツを選ぶときには確認しておきましょう。

シルエットに注意しよう

長袖ポロシャツを選ぶときには作業内容だけでなく自分の体型に合うかどうかも確認するのが肝心です。ポロシャツはある程度のストレッチ性がありますが、ほぼ身体に密着した形になって大きくは形状が変わりません。ゆったりとしたサイズのポロシャツでは作業の邪魔になってしまうことが多いので、体型に合っているポロシャツにするのが大切です。

ただ、メーカーや型番によってかなりシルエットが異なるので、単純にM、Lなどといったサイズだけで判断してしまわないようにしましょう。作業服としてデザインされている長袖ポロシャツは男性用、女性用、ユニセックスといった形で作り分けられている場合が増えてきています。

それでも同じ性別でも体型には雲泥の差があり、例えば男性用が合う女性がいたとしてもおかしくはありません。試着してみるかせめて形が合うかを背中に当てて確認して選ぶのが安全策でしょう。

専門店で長袖ポロシャツを探そう

長袖ポロシャツを選ぶときには作業服の専門店で探すのが良い方法です。一般的なファッションショップではデザイン重視の長袖ポロシャツの取り扱いがほとんどという場合が多いのに対し、作業服の専門店なら機能性重視のものがたくさんあります。

スタッフが作業内容に応じて適切な商品を紹介してくれるなど、サービスも充実しているので安心でしょう。また、店頭で選べば試着してみることができるので、体型に合っているかも着心地が良いかも、作業している状況をイメージすると本当に動きやすいかもわかります。

作業服の専門店ではセールを実施していることも多く、人気で量産されているものなら安く買えることもある点も魅力です。

インターネット通販も魅力的

作業服の専門店の店頭では取扱商品が限られています。これだという一品が見つかったら問題はありませんが、妥協して買わざるを得ないこともあるでしょう。その際には購入前にインターネット通販も見てみるのが良い方法です。

インターネット通販でも作業服の専門店がショップを開いています。店頭には置いていない長袖ポロシャツもたくさんあるので、良さそうなものがないかを探してみましょう。インターネット通販なら24時間いつでも探せるというメリットもあり、昼間は忙しくてあまり店頭に行けないという人も気軽に探せます。

購入も最短でワンクリックで済ませられるので便利な買い方です。ただ、インターネット通販で買うと送料がかかってしまう問題点があります。その分も加味してお得に買えるかどうかは考えなければなりませんが、多くのショップでは一定金額以上購入すると送料が無料になります。

長袖ポロシャツを作業服にして毎日仕事をするのなら、最低でも2着か3着は必要です。まとめ買いをすれば送料無料の金額に達する可能性が高いので、必要枚数をまとめて確保しましょう。また、試着できないのも悩みになりがちですが、まとめ買いを前提にしてショップに相談するとサンプルを送ってくれることもあります。

興味がある作業服が何種類かあったら電話やメールで問い合わせをして、どのくらいの費用で試着させてもらえるかを確認してみましょう。

作業しやすい長袖ポロシャツをお得に買おう

長袖ポロシャツは作業内容に合わせて機能を選び、体型に合わせてシルエットを選ぶのが基本です。作業服の専門店で購入すると適切な機能のものが手に入りやすく、店頭で探すと試着もできるので失敗が少ないでしょう。ただ、種類の多さではインターネット通販が優れているので、店頭で見つからないときにはインターネット通販も使ってみるのが大切です。

関連リンク:ユニフォームタウンhttps://www.l-m.co.jp/work/