作業服と扇風機が合体した「空調服」って知ってる?そんな空調服で暑い夏を乗り切ろう

暑い夏を迎えるにあたって、作業服と扇風機を組み合わせた新アイテム「空調服」の人気が高まっています。扇風機が搭載されている空調服を着ることで、暑い日でも快適に仕事をすることが出来るでしょう。しかし、空調服はまだ出回り始めたばかりで詳しい情報が少ないのが現状です。

ここではそんな新アイテムである空調服の基本情報と選ぶ際のポイントについて解説しているので、購入の際の参考にしてみてください。

長袖ポロシャツを作業服にするときの選び方と買い方のコツ

作業服に扇風機が付いている空調服

空調服を簡単に言うと、扇風機が取り付けられた作業服のことです。たいていの場合、背中の左右のあたりに小さな扇風機(ファン)が付いていて、このファンをバッテリーに繋いで回転させます。

ファンが回ることによって外気が作業服の中で循環し、体感温度を下げる効果がもたらされるのです。

あくまでもファンが回転するだけなので冷たい空気が送られてくるわけではありませんが、通常の作業服のように熱気が服の中でこもることが無いので、快適に作業することが可能になります。そんな空調服は夏の熱中症対策グッズとして注目を集めていて、今ではさまざまなメーカーが空調服の開発に力を入れています。

空調服のメリットについて学ぼう!

夏の熱中症対策グッズとして人気を集めている空調服にはたくさんのメリットがあります。まず最初に挙げられるメリットが、先ほども書いたように体感温度が下がると言う点。作業服の中で空気が循環するおかげで服の内部の熱気を取り除くことが可能になり、体感温度がぐっと下がります。

そうなると汗をかく量も少なくなるので、作業服が汗で濡れる不快感を感じることもなくなります。空調服にはこのように、体感温度を下げてくれることと汗の不快感を軽減してくれるというメリットがあります。汗のせいでお肌のトラブルに悩まされているという人でも、空調服を着用することでその悩みを解決することが出来るかもしれません。

また、暑さや汗が気にならなくなったおかげで、作業時における集中力が高まるというメリットもあります。特に高温になりがちな夏の野外の作業現場などでは、通常の作業服だと暑さのせいで集中力がかなり低下します。その反面、快適さが得られる空調服なら集中力の持続時間も伸びることでしょう。

集中力が低下すると作業ミスや事故の原因になります。それを避けるためにも、暑さを軽減してくれる空調服を導入してみてはいかがでしょうか。

空調服のデメリットとは?

ここまでメリットばかりを取り上げてきた空調服ですが、いくつかのデメリットも持ち合わせているので注意が必要です。例えば、作業現場に持っていく荷物が増えるという点も、空調服のデメリットの一つだと言えるでしょう。

空調服はファンを回すためのバッテリーが必要になりますが、バッテリーの持続時間は無限ではありません。6時間や8時間でバッテリーを消耗してしまうことがほとんどなので、予備のバッテリーを持ち歩いたり充電器を携行しなければなりません。

現場仕事はただでさえ荷物が多いのに、バッテリーを持ち歩くとなるとまた一つ苦労が増えますよね。もし荷物を増やしたく無いのなら、初めから持続時間の長い大容量のバッテリーを購入するなどといった工夫が必要になるでしょう。

空調服は主に3タイプ!

たくさんのメーカーが販売している空調服ですが、デザインによって大まかに3タイプに分けることが出来ます。まず、最もオーソドックスなのが「長袖タイプ」の空調服。空調服と聞いてほとんどの人が想像するのがこの長袖タイプの空調服で、上半身全体が空気で膨らみます。

そのため、他のタイプの空調服よりも涼しさが得られることが長袖タイプの最大の特徴です。また、汗が出やすいワキをカバーしていることもこのタイプの空調服の良いところだと言えるでしょう。

しかし、上半身全体が空気で膨らむせいで体を動かしづらくなるという難点も持ち合わせています。

2つ目に紹介するのが「ベストタイプ」です。このタイプは袖が無いため、そのまま着ると腕が丸出しになってしまいます。それゆえにインナー選びが重要になります。一般的なのは長袖のインナーとの組み合わせで、体にピタッと吸着するコンプレッションインナーと合わせる人が多いようです。

ベストタイプの良いところは長袖タイプとは違い、体の動きにほとんど制限がかからないこと。袖が無いので胴体までしか空気が循環しませんが、その分腕を自由に動かすことが出来るのです。3つ目は長袖タイプとベストタイプの中間的な存在とも言える「半袖タイプ」。

短い袖がある分、ベストタイプよりも腕に涼しさが得られます。そして長袖タイプのように腕全体が膨らむわけでは無いので、腕を使った作業の効率も落ちません。長袖タイプもベストタイプもイマイチ着づらいという人は、この半袖タイプを購入すると良いかもしれません。

どのタイプを購入するにしても、一度は試着してみることをお勧めします。

アウトドアでも活躍する空調服

ここまでの説明だと空調服はあくまでも作業服だと思われるかもしれませんが、実はアウトドアを趣味にしている人たちからも空調服は人気を集めているのです。

実際に、空調服を開発しているメーカーではアウトドアでも着用出来るように、カジュアルなデザインを取り入れた商品を開発しているところもあります。例えばキャンプや野外フェスなど、直射日光に晒されてしまうような場所へ行く時に空調服は大活躍。

空調服を1着持っているだけで、夏のイベントを快適に楽しむことが出来ることでしょう。熱中症対策をしながら夏を楽しみたいという人も、空調服の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

空調服を選ぶ際のポイント

買ってから後悔しないために、ここでは空調服を購入する際のポイントを紹介します。まず最初に気を付けなければいけないのが、生地の丈夫さです。空調服は内部に空気を循環させるため、生地に穴が開いてしまうと空気が抜けてしまい、使い物にならなくなります。

それゆえに、なるべく丈夫な生地の空調服を選ぶ必要があるのです。せっかく空調服を購入したのに、すぐに穴を開けてしまい空調服を再度購入する羽目になったという人も多いようです。そして、次に気を付けるべき点がバッテリーを収納するポケットです。

空調服はバッテリーを持ち運ぶ必要がありますが、バッテリーをしっかりと収納できるポケットが付いていないと、作業中にバッテリーを落としてしまう可能性が高まります。そんな事態を避けるために、空調服を選ぶ時にはバッテリーを収納できるポケットがきちんと付いているかどうかを確認するようにしましょう。

暑い夏は新アイテムの「空調服」で乗り切ろう!

作業服と扇風機を組み合わせることで生まれた「空調服」には、暑い夏を快適に過ごすためのメリットがたくさん備わっています。野外での現場仕事はもちろんのこと、アウトドアといったプライベートなシーンでも空調服は大活躍します。

気温が高い夏の熱中症対策で悩んでいる方は空調服を購入して、快適で涼しい夏を過ごしてみてくださいね。